読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-sun-na

絵の向上を目的としたお絵かき・絵日記ブログです。

hirona
ひろな

一言だけ

初めてのLINEスタンプ「hi-sun-naの世界」を製作リリースしました!

hi-sun-naグッズ

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

今日は個人的な報告ですね。

実は今日からこのブログのキャラクターがLINEスタンプとして販売されるようになりました。

 

こちらです。

store.line.me

 

普段このブログをよく見てくださる方はご存じかもしれませんが、このブログでは毎日お絵かき投稿し続けています。

LINEスタンプ製作はその一環として、またこのブログの一つの目標として、絵を描きスタンプを作るということを以前から進めていました。

 

以前一度LINEスタンプの試作品として40個のスタンプを作ってみたものを公開しています。

hi-sun-na.hateblo.jp

 

1月16日公開なので、今から3週間ぐらい前ですね。

 

実は今回発売するスタンプはここに載せた40個の試作品とまったく一緒のものです。

記事をみてもらうとわかるのですが、試作品の段階では、自己判断のもと、若干スタンプとしては不適切なのではないかと思われるスタンプもあったのですが、リジェクト覚悟でとりあえず審査をお願いしてみようと思ったのが、1月29日の日曜日です。

それからたったの9日間で審査が終わりました!

 

どうやら日曜日は審査が進まないという噂があるので、8日間ぐらいで審査が終わったということでしょうか。

 

1月29日(日)審査申し込み

2月  1日(水)審査中(たぶん)

2月  6日(月)審査処理中

2月  7日(火)審査完了=承認

 

たぶんこんな感じだったと思います。

 

毎日は見てないので、私の知らないところで審査待ちから審査中に切り替わり、気づいたら審査処理中に変わっていて、次の日には承認されたと通知がきました。

LINE Creators Marketから審査した時間と、スタンプが承認されたときだけ通知がくるので、その二つの日にちについては確かにあっています。

 

審査をお願いさせてもらった側の感想としては、とにかく審査が速くて逆に申し訳ないぐらいの気持ちになります。

以前は一つのスタンプを出すのに数ヶ月かかることはざらだったと聞きますから、1週間ほどで承認されるのは、ただただすごいなぁという思いです。

 

ちなみにですが、試作品を公開したときの記事については、LINEスタンプの審査申込用の参考URLとして使いました。

 

今回製作したスタンプの中には、このブログの熱烈な読者以外は意味のわからないセリフなどを盛り込んだスタンプがあったりします。

f:id:asparadiary:20170115231942p:plain

こういうの。

 

LINEスタンプではコミュニケーションに適さないセリフのスタンプはリジェクトされるようです。

したがって、そうはならないように、セリフの説明用としてあの記事を使いました。

 

あとはフォントを何を使っているかなど、審査をしてくださる方がチェックするであろう項目を情報として載せておきました。

 

あの記事が審査にどれほど役に立ったかは疑問ですが、私としてはスタンプがリジェクトされずに、一回で承認されることになったのはとても嬉しいです!

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

ひろなちゃん、これでますますhi-sun-naが勢いづくね!

これでたくさんの人に使ってもらえたら、俺たちますます有名人だね!

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

たくさんの人には使ってもらうのは難しいと思うなぁ。

もっと絵柄のかわいいスタンプはすでにたくさんあるし、そう簡単には売れないと思うよ。

それに私個人の意見を言えば、別にスタンプを買ってもらいたいとも思わないよ。

売れたらいいなぁとは思うんだけど、買ってね!とは言えるほどのものではないし。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

何なの?

売れてほしいけど買ってほしいとは思わないっておかしくない?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

なんだろうね。

4か月お絵かきを続けてきて、やっとLINEスタンプを出せるところまで来たから報告したい!という気持ちはあるんだけど、それを見てくださっている方に買ってほしいと思うかといえば、そうとは思わないの。

 

商品を作ったという喜びは伝えたいけど、その先は何か特別な目標があるのかといえばそういうわけではないの。

やっぱり趣味の一環として絵を描いて、その過程の中で作ったものに過ぎないから、売りたいという思いまでは至らないのかなぁ。

 

プロで絵を描いている人とはそういうのが異なると思うなぁ。

自分の絵に自信もないし。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

そんなこと言ってると一つも売れないよ!

いいの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

それもいいんじゃない。

スタンプになっただけで十分だと思うの。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

ちぇっ!

ひろなちゃんは欲がないなぁ。

 

こういうときは聖シロクマ君に聞くのがいい!

 

おーい!聖シロクマ君!!

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

なんだよ!

でかい声で!!

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

聖シロクマ君、hi-sun-naのスタンプが販売されてるんだって!

どう思う?

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

どう思うって、やっとここまでこれたんだ!っていう一種の感動はやっぱりあるよな!

続けてきてよかったな!って感じだなぁ。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

それだけ?

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

それだけって一体他に何があるんだよ!

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

スタンプが売れるか売れないかだよ!

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

ああそれな!

普通なら、スタンプを販売になったことをSNSなどで周りに告知して、売り込むっていうのがセオリーで、それをやるべきという考え方もあるだろうけど、冷静に考えておそらく売れないと思うなぁ。

 

だって、普通に考えても2017年に販売されるスタンプってのは完全に後発組だぜ。

 

有料スタンプを買う人っていうのは、それなりにいると思うけど、実際のところもう自分が好きなスタンプはすでに購入していて、さらに買わせるとなると、よっぽど個性のあるスタンプじゃないと売れないと思うぜ。

 

そういう意味で、今回のスタンプはどう考えてもシェアされやすいほど、インパクトの強いスタンプではないと思うから、売れないと思うなぁ!

 

それに1000円以上にならないと振り込まれないから、最低でも30個以上売れないと収益はないものと一緒だから、売れる売れないの話じゃないと思うぜ。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

うわ~。出たよ、聖シロクマ君の冷めた状況判断。

まったく、夢がないなぁ。

 

ひろなちゃんは、スタンプを出せただけで意味があるというお花畑。

聖シロクマ君は、どうせ最低振り込みの1000円以上の売り上げを出せないから、精力的に告知することも意味なし、売れないからどうだっていいという枯れの野原精神。

 

二人ともどうかしてると思うなぁ。

売ってなんぼじゃん!

買ってもらってなんぼじゃん!

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

ゲスくま君、

あのね、私は今とっても「ピンクアスパラガスな気持ち」が満たされているのよ。

f:id:asparadiary:20170115231942p:plain

たくさんのスタンプの一つとして、私たちhi-sun-naのスタンプが販売されているのよ!

それだけで素晴らしいことだと思うなぁ。

 

一つの形として残せるだけで幸せなの!

 

売れるか売れないかは、人によっては大切なことかもしれないんだけど、こういう気持ちを養うことも実はとてもとても大切だと思うのよ。

 

それにね、今売れるかどうかは実はそれほど重要なことではないと思うの。

何事も積み重ねだから、私たちがもっとお絵かきを続ければ、結果はあとからついてくると思うよ。

 

f:id:asparadiary:20170115231830p:plain

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

そうだね。

ちゃーちゃちゃんも言ってるよ!

 

そういえば何で今回のスタンプのタイトルが「hi-sun-naの世界」という名前か知ってる?

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

知らないよ!

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

あのね、このブログっていうのは「ピンクアスパラガスな気持ち」を養いたいという思いから作られたものなの。

それ以外にもたくさんの理由があるのかもしれないけど、それが一つの大きな理由であることには間違いないことよ。

 

ピンクアスパラガスな気持ちっていうのは、自分の中の文化的な豊かで温和な気持ちのことよ。

それを育てていった形が、今回販売されたスタンプなの。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

つまりどういうことなの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

世界というのはね、本来はあるもの一つしかないはずなんだけど、実際のところは自分たちが見えている世界がその人たちにとっての世界だと考えるの。

 

要するに、備わっている価値観で意識できている規模が変わるって話よ。

 

豊かな価値観を築けば、世界は広くなるし、乏しい価値観だと、世界は狭いままのなの。

 

広い視野を持つことは、自分を様々な価値観のコミュニティーに身を置くことができる。

もし、嫌なことがあっても、別の場所に逃げることができるのよ。

 

一方狭い世界しか意識できなければ、何かあった時には逃げる場所が全くないわ。

 

だから一つは意識できる世界を広くするために、ピンクアスパラガスな気持ちを養い、色んな世界の存在に気づけるようになるということが大事だと考えるの。

 

それでね、このhi-sun-naの世界はまさしく私たちだけが知りえる世界でとても安定した世界だと思うの。

 

hi-sun-naの世界の秩序はhi-sun-naによって守られているの。

 

 

自分たちと、見ている人のみが意識できる不思議な世界よ。

 

 

自分を安定させるためには、広い世界を意識できる価値観を持つことがとても重要だと思うんだけど、それぞれの世界が大きな世界であるということもとても重要なことだと思うの。

 

だって、大きければ大きいほど、その世界は安定して存続できるのよ。

 

住人が少ない小さな村より、たくさんの人が住んでいる大きな都市の方が、無くなりづらいじゃない?

 

それと一緒で、hi-sun-naの世界も、大きな世界にしていくことがより幸せだと思うの。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

それが売れる必要のないこととどうつながるの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

hi-sun-naは毎日更新しているでしょ?

つまり、日に日にhi-sun-naの世界は少しずつ大きく成長しているの。

世界観としての話よ。

 

でもせっかく大きな世界になったとしても、hi-sun-naに入れる入口はこのブログしかないっていうのは安定しないと思うのよ。

 

ブログからはhi-sun-naに行けるけど、それ以外のところからは入口がないから入ることができないっていうのは不安定よ。

 

だからこそ入口を増やしつつ、見ている人という名の住人を増やしつつ、私たちが意識できる安全な世界を築くというのはとても大切なことなの。

 

今回LINEスタンプを通して、hi-sun-naの世界を少し大きく、そして入口を作ることができたんだから、収益以上の利益を得られていると思うの。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

ふ~ん、まっいいけどね。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

わかってもらえてよかった~!

 

そうだ!せっかく販売になったからこのブログができ初めの頃に「いつかLINEスタンプができるまで絵を描き続けたい」って綴っていた記事を紹介してみるわ。

去年の10月23日の記事だね。

hi-sun-na.hateblo.jp

 

当時はまだデジタルじゃなかったからボールペンの絵だね。

 

尊敬している人が絵が上手くて、そしてスタンプも出しているから、それに憧れて絵を描き始めたんだったのよね。

 

これで少しは憧れの人たちに近づけたかなぁ。

 

 

ピンクアスパラガスの根が育っていったらいいのにな。

 

 

 

 あっ、ちなみにLINEスタンプの説明文はGoogle翻訳を参考にしました。

こういうときに英語をちゃんとやっておけば良かったなと反省するんですよね。