読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-sun-na

絵の向上を目的としたお絵かき・絵日記ブログです。

hirona
ひろな

一言だけ

once upon a time.

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

このところ、YouTubeにある子供用のアニメを見て英語を勉強していたりするわけなの。

以前、自分がこんなに英語が出てこないんだ!って後悔したことがあったから、それを反省して勉強しているというわけ。

 

それで、今は本当にたくさんの英語のアニメがあって、おそらく小さい子たちに英語を教えている教室なんかが、動画をアップロードしているものだと思うんだけどね。

それらの動画のうち、私が好んで見ているアニメというのは、本当に低学年向けの英語アニメなわけ。

 

内容は日本の小さい子が見るような童話だったりと、基本は勧善懲悪の物語を見ているの。

 

これらのいいところは、まず英語が子供向で優しいところ、そして、意外とアニメの絵がこのお絵かきブログの参考になるものが多いことから気に入って見ているって感じかなぁ。

 

今見ているシリーズはこれよ。

www.youtube.com

ストーリーとしては、Tiaという女性がTofuという男の子に対して、昔話を語るというスタイルで、Tofuが直面している状況に最適な考え方を授けるという流れになっているわ。

 

動画のタイトルを見るとわかると思うんだけど、10 short storiesって書いてあるから、TiaとTofuのなんらかのやりとりがあって、物語が10個紹介されるって感じかなぁ。

 

英語は本当にゆっくりで、私の英語レベルでも少なく見積もっても7割はわかるような内容になっていて、本当におすすめだったりするわけ。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

ひろなちゃん、本当に7割もわかってんの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

まぁ字幕を見ればわかるっていうだけで、字幕なしだったら、半分以下だと思うんだけどね。それでも優しい英語であることにはかわりないと思うよ!

 

それにある程度文法がわかっていれば、たとえば名詞(目的語)だけがわからなくても、絵を見て理解できるから、意外と解釈できるものなの!

 

とはいっても、動画の中で何度もそういう状況に出くわすから、すべてを覚えているというのは難しいんだけど、たぶんずっと見てれば、いつか勝手に蓄積されていくと信じているわ!語学って本来そういうものじゃない?

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

それでうまくいくのかなぁ?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

あとは覚えたことを、自分で使っていくアウトプットの経験を積めば、覚えられるものだと考えているの!

HTMLやCSSだって、リファレンスを見て知っているものだからって、それらが全部使いこなせるものだとは限らないじゃない?

 

要は使いこなせるようになるまでの練習が、何事にも必要なんじゃないのかなぁ?

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

とか言って、まだやってないじゃんかぁ!

いつになったら使うのさぁ?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

まぁそれはいつか英語ブログでも作るから、そのときに本格的にやろうと思うんだけどね。このブログでも、少しずつ使っていけばいいと思うのよ!

 

ってことで、今日は「once upon a time」を使うことにするわ!

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

何なの?急に?

ひろなちゃん、もしかしてこれ長くなる?

長くなるなら、俺向こう行って昼寝でもしてくるからさぁ。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

そんなには長くならないと思うよ!

たぶん!

 

昔々!

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

うわっ!始まったよ!

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

once upon a time

 

あっ、「once upon a time」っていうのは「昔々」の意味だよ!

 

once upon a time there was a certain man and woman.

f:id:asparadiary:20170312225632p:plain

 

They game birth a baby.

 

f:id:asparadiary:20170312225648p:plain

She was so beautiful!

 

Suddenly, she was worried.

「What is my life?」

 

---END---

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

何なの?

この茶番?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

英語は正しいか不明なんだけど、こんな感じに間違っていても無理やり使っていくような環境を作りたいわけなのよね!

 

たくさんのショートストーリーを見ていると、「once upon a time」や「one day」で始まる物語が多かったから、今日は「once upon a time」を使ってみたわけ。

 

昔々、ある男女がいて、その2人が、1人の赤ちゃんを産んだわけ。

とってもカワイイ女の子よ!

 

でも突然、女の子は考え出すわけ。

「私の人生って何なのか?」と。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

赤ちゃんが生まれてすぐに、人生について考えているわけないじゃん!

どういう流れなのこれ?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

まぁそうなんだけどね、物語をいくつも見ているとそういうありえないような奇想天外の話の方がおもしろいかなぁと思ったのよね。

 

それで、この赤ちゃんが考えている「人生は何か?」という問いなんて、実は何の意味ももたないってのがこの話のオチなわけ。

 

だって、赤ちゃんが生まれた理由っていうのは、ある男女が子供を産んだからでしょ?

 

つまりは、偶然生まれてきた存在にすぎないわけ。

 

もちろん、赤ちゃんにとって、ある男女は親なわけなんだけども、2人が親であることも偶然であることには変わりないことだと思うの。

 

だから、今存在している生物や今ある環境や状況だって、もしかしたら偶然創造された形に過ぎないものだと思うわけ。

 

 

要するに、色々難しく考えちゃだめよ!ってことなの。

偶然がめぐり合わせた結果に過ぎないのよ。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

じゃあ、俺とひろなちゃんの出会いも偶然だと言うのかい?

見損なったなぁ。

俺たちの関係が「偶然」なんて言葉で済まされると俺傷つくよ!

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

いいえ、違うわ。

たしかに出会えたことは偶然なのかもしれないけれども、こうやって今話していることは「偶然」とは言えないと思うわ。

だって、私は、今ゲスくま君と話したくて話しているんだもん。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

俺だってひろなちゃんと話したくて話してるよ!

じゃあ何がどういうとき偶然なの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

難しいことに、1つの考えを求めるばかりじゃなくて、たまには「偶然」そうなったという答えを使ってもいいんじゃないのかなぁというのが、私の考えなのよ!

 

嫌なことは全部「偶然」だったと済ませましょうよ!って感じかなぁ。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

う~ん、まっいいけどね~。

ところで、「偶然」って英語でなんて言うの?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

えっ…

ac...

あとで調べておくわね。

 

f:id:asparadiary:20161106011049p:plain

もう、そういうところあるよね!

たまたま調べてないっていう言い訳なしだよ!