読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-sun-na

絵の向上を目的としたお絵かき・絵日記ブログです。

hirona
ひろな

一言だけ

服と私と恥ずかしさ。

f:id:asparadiary:20161223215250p:plain

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

私ね、ワンポイントのシンプルなT-シャツが好きなの。

もちろん無地のも好きなんだけどね。

 

ごちゃごちゃ絵がプリントされているものって苦手で、

特にキャラクターものにありがちな、

表面がねちゃねちゃしているやつが好きになれなくて、

小さいころ親に買ってもらったキャラクターもののプリントTシャツを嫌がって怒られた気がするの。

 

キャラクターのは無地のよりも値段が高いんだけど、喜んでくれると思って買ったのに全然着てくれないから、お願いだから1回は着てよ!ってよく言われた覚えがあるの。

 

まぁそれぐらい嫌いだったっていう話なんだけど。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

何がそんなに嫌だったんですか?

小さいころだと普通好んでそういうキャラクターものの服を着そうですが。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

さっきも言った通り、キャラクターがプリントしてあるねちゃねちゃしたゴムの感じが苦手だったのよね。ちゃんと印刷して馴染んでいるものはまだいいんだけど、いかにもプリントしましたよ!って感じの服はどうしてもなれないの。

 

それに、小さいころは着るもの全てが恥ずかしいっていう感覚があって、新しい服をまったく買いたがらない子供だったかなぁ。

これは今も大して変わらないと思うんだけど、新しいものを受け入れるってことが苦手だったのよね。

それに加え恥ずかしさもあって、服を勝手に買ってこられるのは何より嫌だったの。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

ひろなさんの話は恥ずかしいと思う系の話題が多いですよね。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

頭の中の半分以上は恥ずかしいという感情で埋め尽くされ生きていたと思うからね。

いえ、外にいるときは9割位が恥ずかしいっていう気持ちしかなかったと思うの。

 

でも最近は恥ずかしいっていう気持ちがよくわからなくなってきたわ。

 

私がブログでこういうことを話すのも以前はそれこそ恥ずかしいと思ってできなかったんだけど、わからなくなったからこそなのかは不明なんだけど、こうやって文章に書いて記事にすることで、恥ずかしいと思っていた事柄を一つ一つ切り離して放出できているような気がするの。

 

恥ずかしいと思っていたことが消えてなくなるというか、納得できるようになるというか、感覚を上手く表現できなんだけど、ただ楽になるような気がするの。

 

たくさんの恥ずかしいが一つ一つすーっと消えていくような不思議な気持ち。

 

 

 

あれ?今日は話が脱線しちゃったね。

まぁいつもこんな感じなのかもしれないけどね。