hi-sun-na

絵の向上を目的としたお絵かき・絵日記ブログです。

hirona
ひろな

一言だけ

スーパーのレジ袋有料化について今さら思うこと。

f:id:asparadiary:20161210071527p:plain

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

スーパのレジ袋について少し思うことがあるの。

私の住む町では何年も前にレジ袋が有料化され、袋1枚につき、5円払わないといけないことになったのよ。

 

もともと私的には資源の無駄になると考えるから、有料化の流れは別に良いと思うのよ。

だって、みんながマイバックを持ち歩くようになって、人々のエコへの意識は絶対に上がったと考えるからね。今までマイバックを持ち歩いていなかったような人々に、マイバックを持たせることができた意味というのは、とても大きな効果だと思うの。

たとえ、無料だったものが有料になり、実質家計への負担がかかることでも必要なことだと考えるの。

 

でも一つだけ、「あれレジ袋の有料化の意義って何だっけ?」と思うことがあるの。

 

といっても私が勝手にそうしているだけなんだけどね。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

何をしているんですか?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

私の部屋で使っているゴミ箱にはね、いわゆるスーパーのレジ袋を使っていたのよ。だって、以前はスーパーで買い物をするたびにタダでもらえてたわけじゃない。そのもらった袋のその後の使い道は、だいたいゴミ箱用の袋として使っていたの。

 

たぶん、私以外にもゴミ箱用の袋として使っている人が多いと思うわ。

 

でも、スーパーでレジ袋有料化に伴い、マイバックを持ち歩くようになったことで、家に全くゴミ袋になりそうな袋がない状況になったわけ。コンビニの袋なんかはちょっと小さいじゃない?だから、困ったなと思い、ホームセンターなどでビニール袋を買うようにして、今はそれをゴミ袋として使っているの。

 

そこで思ったのよ。というより、すでに何年も、ビニール袋を買うたびに思うんだけど、結局ゴミ袋用にする袋を新しく購入しているわけだから、資源の節約にはなってないのよね。

 

エコを推進させるためのレジ袋有料化で、みんなが自分たちで袋をもって買い物をするようになった。初めはエコ(=資源を大切にする)が目的で、それだったらということで有料化の流れを受け入れたじゃない?

 

でも結局袋は別で買っているわけだから、スーパーに行って、マイバックをもって買い物をするということはもうエコ活動にはならないわけじゃない?

 

もはや有料になった袋(5円)を節約するという意味合いしかないわけよ。

 

でも、節約したからといって、どのみちホームセンターでビニール袋の大量買いをして、ゴミ袋用にするわけだから、結局どこでお金を払うのかという違いしか生まなくなったの。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

たしかにそうですね。

スーパーの袋が資源の無駄だっていう考えはわかりますけど、なんだかんだでその袋も再利用していた人がほとんどだったと思いますもんね。

 

でも、有料になったからこそ、大切に使おうという意識に捉え直した人々もいるような気もしますが。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

それだったらいいんだけど、結局有料化になったことで、消費量は減ったのかしら?

これについて少し調べてみたの。

 

そうしたらね、減っているかもしれないんだけど、実はレジ袋を削減させたからといって、特別資源削減の効果は薄いみたいなの。

 

どういうことなのかというと。

やっぱり、マイバックを持つことによって、その場でレジ袋をもらわないわけだから、資源(石油)の削減になっているようなの。(『地球温暖化白書』)

www.glwwp.com

リンク先には、マイバックを使うことによって、どれだけのレジ袋分の資源を削減できたかを計算できる機能が備わっているわ。

 

ちなみに日本の1年間でレジ袋を300億枚消費しているみたいだから、2007年1月1日から、現在までにだいたい3000億枚消費しているみたいなの。

 

これも同リンクに、謎のレジ袋リアルタイム消費カウンターがついているわ。

 

だから、私みたいに別のところでビニール袋を買っている事例さえ除けば、おそらく有料化したことで、削減にはつながっているはずなの。

 

それで、話はまだ続くんだけど、実際のところ日本におけるレジ袋分の石油量なんて、全体の石油使用量からしたら、きわめて小さい量だから、レジ袋有料化はたいして意味のないということもわかったわ。

 

これを解説していたのはどうやら高校生の子の論文らしいんだけど、これが高校生にしてはよく調べて書いてあると思う内容だったの。

中央大学の第6回高校生地球環境論文賞の入賞作品の一つらしいんだけど。

タイトルは『受賞論文【優秀賞】「レジ袋削減は本当に必要か」』というものらしいのよ。

www.chuo-u.ac.jp

ここから少し引用させてもらいます。

現在レジ袋は、日本では年間300億枚、乳幼児を除いた国民一人あたり約300枚が使用されている。これを原料の石油に換算すると、年間50万キロリットルになる。これは、日本人一人あたり、わずか3リットルに過ぎない。普通車で、30キロメートル分の外出を一日我慢すれば、一年分のレジ袋の節約ができる量なのである。日本の石油消費量は年間約2.4億キロリットルであり、このうちの50万キロリットルなのだから、レジ袋の石油使用量は、日本の石油消費量のわずか0.2%に過ぎないのである。しかも、レジ袋のほとんどは、アジア諸国からの輸入品なので、実際には0.1%にも満たない。製造工程のための原油必要量が別に必要であることを考えても、決して石油使用量の大削減とはいかない。

受賞論文【優秀賞】「レジ袋削減は本当に必要か」 | 中央大学

 

まさかの全体の0.2%しかかかわってなかったようなのよね。

 

こういうことを知ると、レジ袋におけるエコ活動って何だったのかな?と疑問に感じるのよね。

 

もちろん人々の意識という部分においては重要な取り組みの一つだと思うんだけどね。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

たしかに、数値で見るとさほど重要ではないかもしれませんが、個人個人がやる取り組みも国がやる取り組みも結局は人がやることなので、全体に対する効果は薄いかもしれませんが、一人ひとりが意識を持つ取り組みという面では自分は必要だと思いますよ。

 

ですが、正直言うと、やっぱり無料のときの方か買い物しやすかったように感じます。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

それ言っちゃう?

今日はちょっと固めに展開してきたのに、最終的なまとめが、やっぱり前の無料の時が良い!ということで終わりにしちゃうの?

 

とは言いつつ、実は私もやっぱり無料にしてほしいのよね。

今のままでもいいんだけど、前の状態も良かったよっていう話なの。

 

レジ袋30号 白 100枚入 RE30

レジ袋30号 白 100枚入 RE30