読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-sun-na

絵の向上を目的としたお絵かき・絵日記ブログです。

hirona
ひろな

一言だけ

後ろ向きのパンダの思い出。

お絵かき Inkscape 物語風 尊敬 ★★☆

f:id:asparadiary:20161203033312p:plain

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

今日はね、後ろ向きのパンダを描いてみたの!

私は、後ろ向きのパンダにはとても思い出があって、今日はその話をしようと思うの。

 

中国に留学していたころがあって、その中の授業の一つとして、中国の人に絵画を教わる機会があったんだけど、そのときに初めて習う題材がパンダだったの。

 

先生は私たちにパンダの描き方を教えるのよね。

描き方といってもとても簡単で、書道に使う筆を使って、その筆に水をつけて、黒板に描くのよね。ほとんどが丸を描くだけなんだけど。

 

初めに顔を描いて、耳を描いて、目を描いて、鼻、口、体っていうように、順々に描き方を教えてくれるの。

 

そのあと、描き方をレクチャーし終えたら、今度は各自自分で描いてみるっていう授業の内容だったの。

 

それで、みんな普通言われたように描くじゃない?

でも、その授業を受けている一人の女の子だけは、そうじゃなかったの!

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

どういう絵を描いたんですか?

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

私たちが描くパンダの絵を見るために、先生が教室の中を回ってくださるのよ。

それで描き方が良かったら「好(ハオ)」って言ってくださったり、描き方が良くなかったら、その場でマンツーマンレッスンをしてくださるのよ。

 

でも、その女の子の席に近づいた先生は、そのどちらの対応でもなくて、急に笑いながら、やや興奮気味に、その女の子の絵を手に取って、前に行き、私たち全員にその絵を見るように言うのよ。

 

先生はこんなことを言ってたの。

 

「私は、これまで10年以上この絵画の授業を教えてきたけど、後ろ向きのパンダを描いたのは彼女が初めてだ!大変すばらしい!!」

 

私はそのことを聞いたときに、「ああこの人スゴイ人だ!」って鳥肌が立つぐらい驚いたのを覚えているの。

だって、見本として先生が教えてくれたのは、正面を向いたパンダだったんだよ!

 

それなのに後ろ向きのパンダを描こうっていう発想になることがすごくて。

 

f:id:asparadiary:20161106005404p:plain

頭の良い人ですね、その人。

 

f:id:asparadiary:20161107214955p:plain

その子とは、中国語の授業も同じクラスだったから、どういう子かっていうのは知っているんだけど、とっても頭の良い子だったのよ!

 

いつも1番で、私も尊敬していたから、絵でもそうやって褒められていることに、「やっぱりすごい人なんだ!」ととても印象的だったの。

 

その人はパンダの絵だけじゃなく、他の絵も上手だったから、いつかあの人みたいに絵を上手く描けるようになりたいと思って、私も絵を描き始めたという理由があるの。

 

間違いなく生涯を通して尊敬する人物の一人で間違いないわ!

それだけ尊敬している人なの!

 

だからね、パンダを見るたびにその人のことを思い出すの。

そしてこうも考えるのよ。

私はあの人に出会えてよかった!あの人といっしょに勉強できたことが誇りだ!って。

 

 

これからももっと絵が上達するように描き続けようと思うわ。